パレット通信 vol.47 2016年11月

導入期の練習について・・・
 導入期というと年中さんの後半から小学1年生くらいの年齢だと思いますが、
ちょうどピアノの練習に入る頃ということになりますが、これくらいの年齢(これより上の年齢でも・・・)子供は集中力がありません。なので、1度にたくさん練習できなくて当たり前ですし、同じことを何度も繰り返すことは苦手です。なので、この年齢の生徒さんには最初にはちょこっと練習すれば終わるくらいの宿題しか出しません。少しずつ増やしていきますが、長くても10~15分程度なので、「え?これだけ?」というでも、集中するのは難しいかもしれません。なので、1日のうちに練習時間を1回だけと決めないで、【幼稚園に行く前にちょっと】【晩ご飯の前にちょっと。】のように分けて練習するのも良いですよ。
導入期の自宅練習の目標は、【決められた日(できたら毎日)に決められた時間に、ピアノの前に座って、ピアノの本を開けて、ピアノを触ること】と思って、習慣づけを意識して頂けると助かります。
○についても、家で弾けていなくて「え?これで合格?」と思うこともあると思いますが、レッスンで軌道修正できて、ある程度形になれば○にしているので、安心していてくださいね。
これは大人の生徒さんも含めてすべての生徒さんにお願いですが、
「本が難しい。つまらない。弾くのが大変で時間がかかりすぎる」など困っていることはなんでも聞いて下さい。家でお母さんがフォローしてくださっている子、根がまじめできっちりしている子ほど、家でアップアップしてることがこちらも見抜けないことがあります。音楽を楽しむためには練習は確かに必要ですが、「この本をやらなければダメ!」というものはありません。本を替えて気分転換してもいいとおもいます。講師から言うと、親子でピアノの練習に疲れ果てて「今日で辞めます!」というのはめっちゃ悲しいです。なので、家で困っていることは、いつでも、どんなことでも相談して下さると講師としてはうれしいです。一緒に考えましょう。
逆に「こんな曲が弾いてみたい」などの相談もお待ちしてます。「好きこそものの上手なれ」というように、憧れの曲にはどんどんチャレンジしよう!


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

「電子ピアノなら何でもいいですか?」にお答えします。

電子ピアノとひとくくりに言ってもピンからキリまであります。
電子ピアノと言っても購入して5~10年たったものもあります。
中には20年前の物という方もおられました。
電子ピアノは電化製品ですので、
20年前のものですと、故障しても修理できないことが多いです。

こんなことがありました。
ある生徒さんはおうちでかなり古い電子ピアノを弾いていて、
真ん中のドのとなりのレが出なくなり、修理も不可とのこと。
急遽買い替えていただくことになりました。
買い替えた途端にとっても音色も弾き方もとてもよくなり、すごく上達しました。
何が違うの?と思われる方が思われるかもしれません。
20年前のものと今の物では音色も格段によくなっています。

ピアノの練習で大事な事。それは自分の音を聴くことです。

ピアノの練習では弾くことが重要と考えておられる方が本当に多いです。
ですが、ピアノの練習は弾いて、自分の音を聴くことがとても大事なんです。
聴くと言ってもタダ聴くのではなく
音色はいいか?
フレーズは?
左右のバランスは?

と自分でチェックすることはたくさんありますので
ただ音が出れはいいというものではありません。
これは本当に重要で、ご自宅で練習する楽器で本当に3年後が変わります。

電子ピアノと言ってもピアノの練習に耐えるもの。目安としては15万円以上のものと考えてください。
もちろん、お金とご自宅のスペースに余裕があればピアノの購入はお勧めします。
中古ピアノであってもピアノと新品の電子ピアノではやっぱり中古ピアノの方が優れていると思います。
お母さんやご親戚のお古があるならぜひぜひそれを調律・調整して練習に使いましょう!
きちんと調整してあげればまだ使える場合が多いです。
そのためにも定期的にメンテナンスしてあげてください。

質問の答えとしては
新しい物でしたら、ピアノの自宅練習に十分使えます。
古い物だったら、頃合いを見て買い替えることをお勧めします。
電子ピアノも日進月歩、進化していて、
音色・鍵盤の弾き心地など、どんどんピアノに近づいています。
(それでもあくまでピアノの代替え品ですが・・・。)
特に鍵盤が木製でないものは普通のピアノとの鍵盤の重さも弾き心地も全く違います。
wp-1473131207836.jpeg
鍵盤をおろして、側面を見たときに木材が見えてるのは木製鍵盤です。(木材だったらこんな感じですよ)
鍵盤の弾く白いところは現在はだいたいプラスチックです。
めちゃ高級品は象牙とか人口象牙ですが・・・
鍵盤をおろして、側面が真っ白で鍵盤の上と同じ材質の場合はプラスチックです。
プラスチック鍵盤の何が良くないかというと、軽いから押さえとかないと弾けないんですよ。
だから弾いた後に押すという動作につながり、鍵盤を打つ行為に結びつきにくいのではないかと考えています。


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

パレット通信 vol.45 2016年9月

★発表会お疲れ様でした★
発表会お疲れ様でした。おかげさまで良い発表会となりました。毎年発表会が終わると大晦日のような気分になります。新たな一年への一区切りという感じがして気が引き締まるとともに、ホッとした気持ちになります。
今年はプレピアノ生にもたくさん来場して頂き感謝しています。
来年度はパレット音楽教室での発表会としては5周年になります。
5周年の記念となるような豪華なものにできるよう、頑張って計画してきたいと思います。
それに先立ちまして、12月にはクリスマス会を開催する予定です。
今回は初めてホールを借り切って保護者やご家族にも参加して頂きたいと思っています。予定としては牧野生涯学習センターを予定しています。
もし無事抽選に当たることを祈っておいてください。もし外れてしまった場合は例年通り、教室で日にちを分けて開催とさせていただきます。また、保護者の皆様にご協力を何卒よろしくお願いいたします。
発表会でもご案内しましたが、来年度は発表会の時期を7月ではなく12月ごろに移動させることを検討中です。
皆さんのお心のどこかに留めておいていただけると助かります。

テクニックって大事・・・
だいたいのひとにテクニック/練習曲の本と曲の本をわたしています。
テクニックの方は、なんだか退屈だなあ、つまらないなあと思うこともあるかもしれませんね。簡単で無味乾燥としているかもしれませんが、これが美しく弾けることが上達への第一歩で、テクニックをおろそかにしていると、曲がうまく弾けません。
なぜかというと、曲というのはいろいろなテクニックが積み重なり、折り重なってできています。テクニックの本使うメリットは、①音階・アルペジオ・スタッカート等の奏法の一つ一つ取りだして練習ができること、自分の音をよく聞きながらいい音で弾く練習がしやすいことです。
 曲を弾く方が楽しいなあと思う人も、テクニックからは弾いてみよう。
テクニックを弾くことで指がほぐれているので、より曲の練習がはかどりますよ。
 今日はちょっと練習しんどいなあと思うときは、テクニックだけでも弾いてみよう。指の体操になっていいですよ。
また、以前ひいた曲を弾くこともとてもいい練習になります。
発表会の曲もレパートリーとして、いつでも弾けるようにしておこう!


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

夏休み&発表会休みが終わりました。

wp-1471988453557.jpeg7月31日に発表会を無事に終えて、
8月の第2週目からまるまる2週間のお休みを経て
月曜日からレッスンです。
皆さん夏休み中もたくさん練習しているなあと感じました。
ピアノへの気合をかんじます。
発表会の写真のサンプルも写真屋さんからいただいていますので、
皆さん、見に来てくださいね。集合写真・個人写真は選べます。
写真を選びたい方は8月31日までにお越しください。

 


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

発表会が無事終わりました。

wp-1471989162703.jpeg発表会が無事終わりました。
昨年までは、本当に舞台裏でバタバタでして、影アナをしながら椅子の上げ下げ、足台の調整、客席の電気のコントロール等一人でやっていましたが、
今回はアナウンスを短大生の生徒さんにお願いし、いつもの発表会より落ち着いて会をハンドリングすることができました。
いつも協力してくださっている調律の藤井さんや忙しい中影アナをしてくれたNさんには感謝感謝です。
プレピアノコースの生徒さんも3人、観覧に来てくれました。

今回はほとんどのアンサンブルを生徒さん同士で演奏することができました。
そして、6年&中1トリオで6手連弾にもチャレンジできました。

本番って怖くって、たくさん練習していていつもはうまく弾けていても
なんでか本番でうまくいかないことだってあります。
そういうことは人間だったら誰でも起こります。
100回練習することよりも1回本番の舞台を踏むことは勉強になります。
人生はこれから本番の連続ですよね。
高校・大学入試は人生を賭けた本番ですが、
それを迎えるにあたって挑む模試等も
本番の力を図るという意味で言うと本番です。
入社試験なども本番ですね。
会社に入ればプレゼンやコンペ等も本番かもしれませんね。

本番の舞台を踏むという経験を経て、
本番を迎えるにあたって自分はどういう準備をしたらいいかな?
ということをこの発表会を通じて学び、考えるきっかけになればなあと思います。

来年度はどんな発表会にしよう!と今はワクワクしています。
直前になればなるほど、できるんかなあと私も不安になっていきますが、
来年は5周記念です。
今年以上に素敵な会になるように頑張って準備していて行きたいと思います。

 


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

Copyright© 2012-2019 パレット音楽教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com