両手で弾けないんだけど?

枚方市牧野の個人ピアノ教室 パレット音楽教室のハットリです。

ピアノは両手で弾きます。当たり前だけど・・・
「片手ですらすら弾けてたのに?あれ?両手で弾けないぞ!」
「左右それぞれのリズムが違うとなんか変!」
という演奏になることがあります。
たとえばこのような譜例。紙に書いてみました。

下が左で、上が右です
バイエルに出てくる付点四分音符のリズムです。
片手で弾くとちゃんと弾けてるのに両手で弾くと「何だかリズムが変だよ?」
という人は結構います。

どうして音楽が滞るのか?変なリズムの演奏になるのか?
簡単です。
そういう人は、右手が左手を待ってしまうからです。
あわせようあわせようとすればするほど、音楽が停滞し
どうしても遅れてしまうのです。
淡々と左手を演奏していくと流れは止まりません。
タイミングを取りすぎないようにすることが大事です。

ポイントは左手は右手を待たないこと!
正解としては左手の流れ(伴奏)に右手のメロディを乗せてあげるというのが一番

左がメロディーで右が伴奏ってこともあるので、その時は逆にすればいいのです。
だけど左がメロディーの時に音楽が停滞して進まないってことはあまりないですね。
恐らくですが、右手が利き手という人が大半なので、右手が主、左手が従のように脳が捉えがちなのかもしれませんね、

それでも、両手で弾くのが下手なんだけど?というときは、
なので、練習の手順はこんな感じです。

①片手ずつで間違えずに弾けるようになること。
②フレーズのなかの1小節ずつを止まらないで両手で弾く。
③フレーズが終わるところまで止まらない両手で弾く。
ということを繰り返していきます。

そんな事やってたら、いつまでたっても練習がおわらないじゃないか!という声が聞こえてきそうですが、大丈夫ですよ。
なぜなら、だんだんとその曲のリズムのパターンを体が理解していきます。
この場合は体が慣れるまで練習できていないだけです。
(慣れるまでの時間には個人差もあることはお忘れなく・・・。早い人も遅い人もいます。)

しかも、音楽くりかえしの塊です。
前にひいたフレーズが何度も繰り返し出てきますよね。
だから、ちょびっとずつ弾けるようになりましょう。

それと、一度できるようになったら、次に同じようなものが出てきたら、
そんなに苦労せずに弾けるようになっていますよ。
つぎは、もっと上手に弾けるようになっているかも???


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

コンチェルト

大学時代の恩師、鳥居知行先生のコンサートが日曜日に行われました。

とても寒い日でしたので、出演された先生方は体調管理も大変だったこととおもいますが、みなさん素晴らしい演奏を聞かせていただきました。

岡原先生は急病のため、指揮は清水宏之さんとなりました。

ラフマニノフのコンチェルトはやはりすごい素敵な曲ですね。


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

器用?不器用?

器用じゃないとダメとか、不器用だからどうということではなくても、
器用だというのは、ピアノだけでなく楽器をやるうえでは大変有利です。
ほかのことでも、器用な人の方が最初の一歩の習得は早いと思います。

ですが、器用な人が良い演奏をできてるかというと違うなあと思うことがありますね。

不器用な生徒さんでも丁寧にできる人は、時間はかかるんですが、出来上がった曲を聴くと自分の音を聴いていて、なかなかいい演奏をします。

フィギュアスケートで有名な宮原智子さんは実は器用な選手ではないというのをテレビでみたんです。

不器用?と言うことが信じられない位、優雅な滑りですよね!一つの技を覚えるにも人よりとても時間がかかるとのこと。

不器用でも器用でもコツコツ努力する事が大事で、器用か不器用かいうことは技術習得にはあまり関係ないということ。
ピアノはとてもマルチタスクな習い事です。

ピアノを弾くということは見る→弾く→聴くを常に繰り返します。

器用に弾けているように見えても、実は自分の音を聞いてないということあります。

最後は自分の音をよく聞くと言うことが大事!

器用か、不器用?というのは習得の時間がかかるか?かからないということに関わりますが、コツコツ積み重ねていけば大きな問題ではなくなります。

音を聞くってどういうことかはまた別の記事でお話ししたいと思います。


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

2017年始動!

あけましておめでとうございます。

今年もパレット音楽教室をよろしくお願いします。

いろんなことにチャレンジする一年になるよう頑張りたいです。

先日の土曜日から仕事を開始しています。
実は、今年の年末にとうとうA3プリンターを導入しました。

じゃーん!

プログラムなどを作成する際にだんだんとA4サイズだと書ける内容に限りか出てきていたので、

今回はおもいきって買ってみることにしました。

かも文字の印刷がきれい。

さすがにオフィス用!

家でもA3ノビまで印刷できるようになったので、楽譜の印刷なども、少量だったら家で楽譜のコピーができるのもありがたい。

今年の、発表会のプログラムを作るのが今から楽しみです。
さてさて、今年の抱負。

  • ちゃんとブログやホームページを更新し、充実させる。
  • フェイスブックの教室ページを作る。
  • 自分のレッスンに行く。
  • せめて3キロ痩せる。

さーて、355日後、達成できるように頑張ろう!


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

キーボード購入!

12月になりました。今年もあと1ヶ月!

風邪など引かずに元気ですごしたいです。

レッスンや発表会でパーカッションのリズムパターンを使いたいと思って、

ずーーーーーーーーっとリズムを再生してくれるマシーンや アプリがないかと探していました。

 キーボード以外で!

しかし、

アプリもマシーンもは自分でリズムを1から作らなくちゃいけないみたいなので、結局キーボードがいいということになりました。

モチロン、鍵盤ついてるし、私の持ち運びの電子ピアノは激重(16キロ)なのでこれ結構使えそう。

ちなみに今回購入のキーボード(4.3キロ)です。

今色々計画中のことにも使えそう。

audio inの端子もついてるので、 iPodのスピーカーとしてもつかえるやーん!

スピーカーもまあまあの音量です。

色々使えそうなのでワクワクしてますよー。


 

 

パレット音楽教室・・・枚方市・牧野にあるピアノ教室

お問い合わせ TEL:090-1446-1199

 

Copyright© 2012-2019 パレット音楽教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com