レッスン室の床が!♪♪♪枚方市・牧野の個人ピアノ教室

2014-10-17

wpid-dsc_0088.jpgwpid-dsc_0090.jpgwpid-dsc_0091.jpgレッスン室の床にマスキングテープでこんなことしてしまいました。五線譜です。
わが子がこんなことをしたら、ごっつい怒るかも?
線間線間……大人にとっては音は線の上、線の間と進んでいくというのは分かりますが、小さい子供にはこれが難関なんです!

なので、実際に線の上、線の間、線の上、線の間…と歩いてみます。
ここがド、ここがレと覚える事よりも、線の上、線の間と進むことを理解することが大切です。
音が上がる、下がるというのが五線の上に書くとどういう風に書かれるのか?
感覚を身に付けることが大切だと思います。

ついでに黒丸さんも作りました。
ラミネートフィルムで黒画用紙のマルを補強しました。
最近ラミネーターが大活躍です。

ドレミファソラシド~と進んでいくト音記号は分かり易いのですが、
ドシラソファミレド~と音が進むヘ音記号は理解するのに時間がかかりますね。

読譜についてどのくらいで読めるようになりますか?という質問を受けることがあります。

こればかりは個人差がはっきり分かれます。
早くから自分で読める子もいますが、なかなか一人で読めるようにならない子もいます。
なので、「いつまで」ということは一概には言えないんです。

色々な事を経験して少しずつ、わかるようになってほしいと思います。

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 パレット音楽教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com