Archive for the ‘保育園・幼稚園の先生’ Category

キーボード?う~ん!

2017-03-06

枚方市*牧野の個人ピアノ教室、パレット音楽教室です。

ピアノを習うのに、「いきなり、ピアノなんて!とりあえずキーボードで・・・」って思う気持ちはよくわかります。

キーボードですと2万円前後で買えますが、電子ピアノでも10万円からと言う事になりますね。

お金のことを考えるとすごくよくわかるんですが、ちょっと待ってほしいんです。

通常のピアノの鍵盤と比べると、キーボードの鍵盤はとても軽くて浅いんです。

ピアノの鍵盤は打って弾くものですが、

キーボードの鍵盤は押して弾く動作になります。(ピアノ以外の音色では、ぐっと押すと音が伸びるという現象も起きます)

子どもさんの場合はレッスンでの通常のピアノの鍵盤の重さ、深さに戸惑う。

押して弾く動作になってしまい、なかなか脱力が身に付かない。

中には鍵盤の幅が通常のピアノと違うものもあります。

始めのうちは鍵盤の数や、ペダルの有無はあまり関係しません。鍵盤の重さや、深さは上達に関係します。

また、鍵盤の重さ、深さを日々体験していないと、手指の筋力も育たず、

押せば弾けるため、脱力して手の重みをピアノに伝えて弾く重力奏法がなかなか身に付いてきません。

ピアノは力技で弾くというよりは、肩・腕・手首を脱力して指に腕の重みを伝えて弾く楽器なのです。

どんな楽器でも「力を入れて、演奏しなさい」という楽器はありません。

正しい奏法が楽しい演奏を作ります。


パレット音楽教室では、いきなりピアノには入りません。

必ず、プレピアノコースを設け、弾くための準備をしてから、ピアノのレッスンに入ります。

その間に、ご家庭でもピアノを弾くための準備を整えて、いただけるようにお願いしています。

プレピアノコースの間に生徒さんたちはピアノに触れる日を楽しみに

音やリズムを読む練習、拍や拍子を感じる練習をしています。

詳しくは体験レッスンで感じていただけると思います。

2年目

2017-02-21

枚方市・牧野の個人ピアノ教室のパレット音楽教室です!

今年の4月から保育科の2年目になる生徒さん。

2回生の今年はバイエルを卒業し、ブルグミュラーを課題として弾くそうです。

クラス分けテストの課題でもブルグミュラーを弾くとのことで、さっそくレッスンで予習をしてもらいました。

標題を音楽で表現することが目標であることを認識してもらい、

1番の「素直」を練習課題とすることにしました。

予習しながら色々と弾いてもらったのですが、この1年間で大分指が自由に動くようになりましたね。

後は、童謡の課題を2曲弾かなくてはいけないと言う事でした。

幼稚園での実習の後ということでしたが、休んでいる暇はないですね・・・・。

保育科の学生さんは本当に忙しい。

1年生の後期にはあまりにお肌が荒れていたので心配で「疲れてるの?」と聞いてしまったこともありました。

レポートの課題に加えて、ピアノの練習が重なり、最近あまり寝れていないとのこと。

「大変かもやけど、勉強がんばれ!」と陰ながら応援してました。

春休み中に少しでもスキルアップできるように頑張ってもらいたいものです。

2回生では本格的な実習もあるとのことです。

後であわてないように先回りしてたくさん弾いておいてほしいと言う事も伝えました。

2年目もがんばれ!!

Copyright© 2012-2017 パレット音楽教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com