Archive for the ‘パレット通信’ Category

パレット通信 vol.48 2016年12月

2016-11-24

 今年も1年お世話になりました。
 日頃はパレット音楽教室の活動にご理解、ご協力くださり誠にありがとうございます。
 来年度もよろしくお願いします。

ちゃんと届いてるかな?
パレット通信を書き始めて丸4年。生徒の皆さんのピアノライフ・音楽ライフが少しでも充実するように、また手助けになるようにと思って書き続けてきました。ピアノを習っている皆さんが持っている悩みについて書いてきましたあ。子どもさんの自宅練習の事などは特にたくさん書いてきたように思います。時には、読んだ本の内容について書いたこともありました。
音楽/ピアノ、子育て/教育といった一貫したテーマのもと長期間にわたって文章を書き続ける経験は今までなかったので、数年経って今読す返すと、顔から火が出そうな内容もたくさんあります。
未熟な自分が文章を発信し続けることは時に気恥ずかしくて、毎回本当に書くことは本当に苦痛でなかなか筆が進みませんが、これからも発信し続けていこうと思います。

日々のレッスンでの様子

省略

パレット音楽教室では生徒さんを募集しています。
ピアノ教室をお探しの方がおられましたら、
是非ご紹介ください。
体験レッスンも随時行っています。

パレット通信 vol.47 2016年11月

2016-10-24

導入期の練習について・・・
 導入期というと年中さんの後半から小学1年生くらいの年齢だと思いますが、
ちょうどピアノの練習に入る頃ということになりますが、これくらいの年齢(これより上の年齢でも・・・)子供は集中力がありません。なので、1度にたくさん練習できなくて当たり前ですし、同じことを何度も繰り返すことは苦手です。なので、この年齢の生徒さんには最初にはちょこっと練習すれば終わるくらいの宿題しか出しません。少しずつ増やしていきますが、長くても10~15分程度なので、「え?これだけ?」というでも、集中するのは難しいかもしれません。なので、1日のうちに練習時間を1回だけと決めないで、【幼稚園に行く前にちょっと】【晩ご飯の前にちょっと。】のように分けて練習するのも良いですよ。
導入期の自宅練習の目標は、【決められた日(できたら毎日)に決められた時間に、ピアノの前に座って、ピアノの本を開けて、ピアノを触ること】と思って、習慣づけを意識して頂けると助かります。
○についても、家で弾けていなくて「え?これで合格?」と思うこともあると思いますが、レッスンで軌道修正できて、ある程度形になれば○にしているので、安心していてくださいね。
これは大人の生徒さんも含めてすべての生徒さんにお願いですが、
「本が難しい。つまらない。弾くのが大変で時間がかかりすぎる」など困っていることはなんでも聞いて下さい。家でお母さんがフォローしてくださっている子、根がまじめできっちりしている子ほど、家でアップアップしてることがこちらも見抜けないことがあります。音楽を楽しむためには練習は確かに必要ですが、「この本をやらなければダメ!」というものはありません。本を替えて気分転換してもいいとおもいます。講師から言うと、親子でピアノの練習に疲れ果てて「今日で辞めます!」というのはめっちゃ悲しいです。なので、家で困っていることは、いつでも、どんなことでも相談して下さると講師としてはうれしいです。一緒に考えましょう。
逆に「こんな曲が弾いてみたい」などの相談もお待ちしてます。「好きこそものの上手なれ」というように、憧れの曲にはどんどんチャレンジしよう!

パレット通信 vol.45 2016年9月

2016-08-24

★発表会お疲れ様でした★
発表会お疲れ様でした。おかげさまで良い発表会となりました。毎年発表会が終わると大晦日のような気分になります。新たな一年への一区切りという感じがして気が引き締まるとともに、ホッとした気持ちになります。
今年はプレピアノ生にもたくさん来場して頂き感謝しています。
来年度はパレット音楽教室での発表会としては5周年になります。
5周年の記念となるような豪華なものにできるよう、頑張って計画してきたいと思います。
それに先立ちまして、12月にはクリスマス会を開催する予定です。
今回は初めてホールを借り切って保護者やご家族にも参加して頂きたいと思っています。予定としては牧野生涯学習センターを予定しています。
もし無事抽選に当たることを祈っておいてください。もし外れてしまった場合は例年通り、教室で日にちを分けて開催とさせていただきます。また、保護者の皆様にご協力を何卒よろしくお願いいたします。
発表会でもご案内しましたが、来年度は発表会の時期を7月ではなく12月ごろに移動させることを検討中です。
皆さんのお心のどこかに留めておいていただけると助かります。

テクニックって大事・・・
だいたいのひとにテクニック/練習曲の本と曲の本をわたしています。
テクニックの方は、なんだか退屈だなあ、つまらないなあと思うこともあるかもしれませんね。簡単で無味乾燥としているかもしれませんが、これが美しく弾けることが上達への第一歩で、テクニックをおろそかにしていると、曲がうまく弾けません。
なぜかというと、曲というのはいろいろなテクニックが積み重なり、折り重なってできています。テクニックの本使うメリットは、①音階・アルペジオ・スタッカート等の奏法の一つ一つ取りだして練習ができること、自分の音をよく聞きながらいい音で弾く練習がしやすいことです。
 曲を弾く方が楽しいなあと思う人も、テクニックからは弾いてみよう。
テクニックを弾くことで指がほぐれているので、より曲の練習がはかどりますよ。
 今日はちょっと練習しんどいなあと思うときは、テクニックだけでも弾いてみよう。指の体操になっていいですよ。
また、以前ひいた曲を弾くこともとてもいい練習になります。
発表会の曲もレパートリーとして、いつでも弾けるようにしておこう!

パレット通信 vol.43 2016年7月

2016-06-24

7月30日(土)は教室内でリハーサルについて
10時より教室でリハーサルを行います。時間までに集合お願いします。
日時を間違えないようにおねがいします。
ペダルを踏む人は靴を持参頂けますようよろしくお願いします。よく靴の裏を拭いて持ってきてください。
この日の演奏が心配な場合は、居残りレッスン(10分程度)必要ということもあります。帰宅が遅い場合もあります。ご了承ください。

☆発表会についてのお願い☆
順不同ですが、お願いしたいことを書いていますので、目を通してください。
今回、発表会出演のない方も今後の参考となると思いますので、必ず目を通しておいてください。わからないことは何でもご質問ください。

服装について
服装については正装をおねがいしています。
正装とはステージでの演奏の場合はドレスの事を指しますので、準備の方をよろしくお願いします。いくら素敵な物でも、普段着での演奏はお控えください。華美にする必要はありませんが、TPOを守っていただけますようよろしくお願いいたします。
若干ですが、子供用のドレスを所有していますので、貸し出しもいたします。借りたい・見てみたいという方は準備していますので、早めにお越しください。貸し出し希望が重なった場合はこちらで抽選させていただきます。借りられる場合はクリーニング代として1000円を預からせていただきます。
靴についても忘れがちかと思いますが、服装にあったものの準備をお願いいたします。これで大丈夫かなど不安な場合は、写真を見せていただければお答えできると思います。悩まずに何でもご相談ください。
飲食について
ホール内での飲食は禁止です。ていうか絶対だめです。小さなご兄弟がおられるご父兄には不便をおかけするかもしれませんが、飲食の必要がある場合はホールの外でお願いします。これも鑑賞のマナーですので、皆さん、徹底して頂けますようよろしくお願いいたします。
発表会当日の流れについて
大人の方の集合時間は11時半。 子供は12時半を予定しています。
12時半集合の人は、食事・着替えを済ませて集合してください。
ホールに控室もあります。ホールでの着替えなどにご利用ください。
詳細は7月10日頃にお知らせする予定です。

パレット通信 vol.42 2016年6月

2016-05-24

絞り出しても何も出ない・・・。
ということはよくあって、何のことかというと、このおたよりのメッセージの欄に何を書くかということをいつも考えています。
 書くことが苦手なので、いつも何を書こうということは思っていて、書くネタを考えています。だいたい、今回はこんなことを書こうということは、書く前にはなんとなく内容が固まるのですが、今月は何も思い浮かびませんでした。
皆さんの生活や、生活の参考になるようことを書ければいいのですが、取るに足らない雑感のようなものしか書けなくてお恥ずかしい限りです。

お年頃あれこれ☆
このお仕事は人の成長を見守れる本当に素敵な仕事だと思います。
 学校や幼稚園の先生のように毎日会いませんが、学校や幼稚園の先生よりずっと長い間、その生徒さんの成長に関わることができます。
 あんなに幼かった子がこんなことができるようになったと感じることができるのはとても本当に楽しく、うれしい瞬間です。
 長い間の成長を見守っていると、なんかうじゅうじゅしてなかなかからが破れないスランプに陥りやすい時期があるとなんとなくわかってきました。
 全ての人に当てはまるということではありませんが、小学校生活でも中だるみの時期になってくる3~4年生ごろ。
そして、学校の勉強の内容も少し難しくなりますよね。今まで習ったことを総合して割り算の筆算等、割り算と言いながら、掛け算足し算引き算ができないとできなくなる。今まで、やってきたことを総合してして計算していきます。
 ピアノの場合も結構似ていて、習う内容も少し難しくなってきて、楽しい楽しいだけでは弾けなくなってくる。楽譜を見ると楽譜の音もだんだん多くなってきて、複合的に楽譜に向き合わないと音楽にならないので、ちょっと煮詰まってくる人はいます。
このあたりは、その人の性格で大きく違っていると思いますが、要領いいタイプの子でも、今までは感覚だけで処理で着ていたものが、知性を使わないと処理できなくなってくるということです。これも乗り越えると時間をかけなくてもできるようになるんですが、知性に目覚めるという手前でスランプに陥って、なんかよくわからないからお手上げ・・・・ということもあります。
外的な要因もあって、学校の友達との遊びがめっちゃ楽しくなってくるころでして、ピアノにあまり気持ちが向かない時期でもあります。
それでも5年生くらいなってくると、ちゃんと知性のバランスも整ってきて、だんだんと手がかからなくなってきますよ。
なので、3~4年生は脱皮の時期とおもい、気長に見ています。なるべく早く脱皮できるように私もお手伝いしています。

« Older Entries
Copyright© 2012-2017 パレット音楽教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com